アーバンライナーplusへとリニューアル

アーバンライナーplusへとリニューアル
1992年、東海道新幹線に速達列車として「のぞみ」が設定されたことで、名阪間のシェアは再び減少に転じた。しかし、2003年にJR東海が「のぞみ」増発と引き換えに回数券の割引率を引き下げたことや、その前年の「アーバンライナーnext」こと21020系電車運転開始の効果で、現在では名阪間の近鉄のシェアは若干盛り返している。JRとの運賃・特急料金面での優位性や、新幹線車両よりもゆとりある座席空間、新型シートの快適性などを前面に押し出して、「ゆったり感」・「リラックス感」といった快適性を軸に宣伝・告知がなされている。

「甲特急」は名古屋〜難波間を最速2時間4分で走破し、表定速度は90km/h超で日本の在来鉄道としてはかなり高速の部類に入る。なお「乙特急」の同区間所要は2時間20分前後で、こちらも表定速度は80km/hに達する。

名阪甲特急では次世代特急車両である21020系電車(アーバンライナーnext)や21000系(現在は車両更新してアーバンライナーplusへとリニューアル)が充当される。時間帯によっては伊勢志摩ライナーこと23000系電車が充当されることもある。また、2008年現在、土・休日のみ運転の増発便の甲特急のうち下り一本のみが一般の特急形車両で運転されている。乙特急は一般の特急形車両が中心であるが、時間帯によってはアーバンライナーnextやアーバンライナーplusも運用にはいることがある。

2007年10月には、運行開始60周年の記念行事が行われた。

停車駅(甲特急)
近鉄名古屋 - (津) - (大和八木) - 鶴橋 - 上本町 - 近鉄難波
停車駅(乙特急)
近鉄名古屋 - 桑名 - 近鉄四日市 - 白子 - 津 - (伊賀神戸) - (桔梗が丘) - 名張 - 大和八木 - 鶴橋 - 上本町 - 近鉄難波
(括弧書きは一部が停車)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。