沿線

近鉄の時刻表と沿線風景をお知らせするブログです。
近鉄の素敵な車両と沿線の景色・食べ物をお伝えします。

近畿日本鉄道株式会社(きんきにっぽんてつどう、英称 Kintetsu Corporation)とは、大阪府・奈良県・京都府・三重県・岐阜県・愛知県の2府4県に跨る、JRグループを除く日本の鉄道事業者(民営鉄道)の中では最長の路線網を持つ大手私鉄。一般的には近鉄(きんてつ、Kintetsu)と略されて呼ばれている。かつては近日(きんにち)と称した(その他も参照)。多数の企業を擁する近鉄グループを抱え、様々な事業を行っている。本社所在地は大阪府大阪市天王寺区上本町六丁目1番55号。

大阪・奈良・京都などの関西圏(近畿地方)と名古屋、津、伊勢志摩などの中京圏(東海・中部地方)を結ぶ唯一の私鉄。営業キロ程は582.3kmに及ぶ(日本の私鉄1位。2位は東武の463.3km、3位は名鉄の445.4km)。日本の大私鉄御三家に数えられる。

Jスルー、スルッとKANSAIでカードに印字される符号はKTである。

近鉄の保有路線は、線路の幅では標準軌(1,435mm軌間)と狭軌(1,067mm軌間)、特殊狭軌(762mm軌間)の3つに分けられる。

近鉄の直系母体である大軌は、路面電車と同じ軌道線扱いで開業したため、同様の形で先行して開業していた箕面有馬電気軌道・阪神電気鉄道・京阪電気鉄道・京浜急行電鉄などと同じ標準軌を採用したが、同社が他社を買収して組み込んだ路線の多くは、内閣鉄道院〜鉄道省〜日本国有鉄道(国鉄)線と貨車の直通運転を行っていた関係で、国鉄と同じ狭軌を採用した(名古屋線系統各線や、田原本線のように、標準軌化した路線もある)。そして、762mm軌間の特殊狭軌線は軽便鉄道の流れを受け継いだものであるが、現在日本では三重県の下記近鉄線と、近鉄が三岐鉄道に譲渡した北勢線、それに専用鉄道を一般営業路線にした黒部峡谷鉄道本線程度しか現存していない。

電化方式は基本的に1,500Vの直流電化(架空電車線方式)となっているが、特殊狭軌各線は三重交通時代の流れを受け継いで750Vの架空電車線方式、けいはんな線は大阪市営地下鉄と直通運転を行う関係で(むしろ、大阪市営地下鉄の延伸を近鉄が担ったと見るべきものだが)750Vの第三軌条方式となっている。

また、関西・中部エリアでは唯一、JR2社(JR西日本・JR東海)の在来線管内を直接結んでいる。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。