京都線

京都線は、1928(昭和3)年、11獅R日、「奈良電気鉄道」の手でまず桃山御陵前〜西大寺間が開業、同年15日に全通しました。奈良電気鉄道は本来、京阪電鉄色の濃厚な会社でしたが、創業時から大阪電気軌道と相互乗入れを行い、京都と奈良を結びました。

第2次大戦後は京阪電鉄とも相互乗入れを始め、奈良〜京阪三条・京都〜京阪宇治・京都〜枚方公園など、多彩な区間を電車は走りました。近鉄が買収したのは案外に新しく、1963(昭和38)年10月のことです。京都〜橿原神宮(現橿原神宮前)間がこうして1本の線で結ばれ、翌年の東海道新幹線の開通によって、東京からも京都経由で奈良や橿原への足が確保されました。

京阪電鉄線七条駅付近、奈良電気鉄道デハボ1015 1960(昭和35)年9月


竹田駅を出発し地下鉄に進入する当社車両 1952(昭和27)年7月
京阪電鉄との相互乗入れは、1968(昭和43)年12月20日で中止。1988(昭和63)年8月28日からは、京都市営地下鉄烏丸線との相互直通運転(北大路〜新田辺間25.9キロ)を開始しました。これにより、当社沿線と京都市の中心街を直結する新しい輸送機関が実現し、交通利便の向上に大きく寄与しました。その後、烏丸線は1990(平成2)年10月24日北山〜北大路間が、さらに1997(平成9)年6月3日北山〜国際会館が開業され、これに伴って、当社との相互直通運転区間が国際会館〜新田辺間29.7キロに延伸されました。

京都線沿線では、住宅地開発が盛んに行われ、国家的プロジェクト・関西文化学術研究都市の建設なども進められています。沿線人口の増加に備え、1972(昭和47)年11月22日高の原駅、1979(昭和54)年3月30日向島駅、1993(平成5)年9月21日近鉄宮津駅、1994(平成6)年9月21日木津川台駅がそれぞれ開業しています。
木津川台住宅地 
京都線山田川駅付近


沿線のみどころ(最寄駅)
東寺(東寺)、一休寺(新田辺)、京都フラワーセンター(狛田)、城南宮(竹田)、伏見稲荷(桃山御陵前)、宇治平等院(大久保)、大御堂観音寺・蟹満寺(三山木)

思い出の車両 モ430形

地上駅当時の奈良電気鉄道京都駅で発車を待つデハボ1000形
1952(昭和27)年3月5日
1928(昭和3)年、奈良電気鉄道(現京都線)が開業時に新造した半鋼製電車。当時の形式はデハボ1000形と称し、車体は両運転台の17メートル長の片側3扉で、当時カウキャッチャーが取り付けられていました。1963(昭和38)年の合併後モ430形に改称し、京都線を中心に運用しました。

■おもな電車

3200系

京都市営地下鉄烏丸線との相互直通運転用に1986(昭和61)年投入。制御装置に量産型のVVVFインバーターを採用するなど、その後の近鉄通勤車の基本となりました。

平等院(びょうどういん)は、京都府宇治市にある藤原氏ゆかりの寺院。平安時代後期・11世紀の建築、仏像、絵画、庭園などを今日に伝え、“古都京都の文化財”の一部として世界遺産に登録されている。山号を朝日山と称する。宗派は17世紀以来浄土宗と天台宗を兼ね、現在は特定の宗派に属さない単立の仏教寺院となっている。本尊は阿弥陀如来、開基(創立者)は藤原頼通、開山(初代住職)は明尊である。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。