伊賀線

1916(大正5)年W月、伊賀軌道として伊賀上野〜上野町(現 上野市)間を開業。翌年、伊賀鉄道と社名を変更。1922(大正11)年7月には上野町〜名張町(後の西名張)間を開通し、ほぼ現在の伊賀線が出来あがりました。開業当時は蒸気機関車でしたが、1926(大正15)年5月、全線電化を完了しました。昭和初期には日本最初といわれるディーゼルカーが1両活躍していたということです。

伊賀鉄道は、電化を機に社名を伊賀電気鉄道と変更。当時建設が進んでいた参宮急行電鉄のルートに位置することから、1929(昭和4)年には大阪電気軌道と合併。伊賀線のうち伊賀神戸〜西名張間(9.7キロ)は大阪線と並行するため、1964(昭和39)年、廃止されました。
貨物輸送に活躍した電気機関車。
後の当社デ8

沿線のみどころ(最寄駅)
鍵屋の辻(西大手)、上野城・上野公園・伊賀忍者屋敷(上野市)、芭蕉生家(広小路)、蓑虫庵(茅町)、丸山城跡(丸山)、城之越遺跡(比土)


思い出の車両 モニ5181形
1926(大正15)年5月、伊賀鉄道(現 伊賀線)が電化時に新造した半鋼製電車。当時の型式はデハニ1形と称し、車体は両運転台付、15メートル長の片側2扉で、運転室の後には荷物室が設けられていました。1941(昭和16)年にはモニ5181形に改称し、1977(昭和52)年の廃車までほとんど大きな改造なしに運用されました。
上野市駅に停車中のモニ5186
―モニ5184。
1955(昭和30)年9月11日

■おもな電車

860系
伊賀線車両の近代化を図るため、奈良線820系に南大阪線6800系の狭軌台車、主電動機を組み合わせて、1984(昭和59)年より2両4編成を移籍。1986(昭和61)年、奈良線800系も同様の改造を行い、880系として移籍。1993(平成5)年、田原本線で運用していた820系3編成の冷房改造を行ない、860系として移籍。880系を廃車し、860系で伊賀線の冷房化が進められました。

"にんぱく"に本物の忍者が出現!!いっしょに忍術を学ぼう!
忍者アクションショー
●入館及び見学料金等のご案内
[忍者博物館]忍者屋敷・忍術体験館・忍者伝承館
個人 大人700円、小人400円
団体(30名以上)大人600円、小人300円
障害者割引 大人400円、小人200円
※ 仕掛け、からくりは忍者に扮した当館の案内係が随時ご案内しています。
※ 障害者割引の場合は、手帳のご提示が必要です。
※ 障害者割引の団割はありません。

[忍者アトラクションショー]
お一人 200円
※ 開演日は、3月下旬から11月中旬頃までは毎週火曜日を除き開演、12月から2月までは土・日・祝のみの開演です。
※ 屋外で開催しておりますので、開演日であっても天候や、その他開演に支障がある時は休演や時間を変更する場合があります。
※ ショータイムは11時から15時までの間1時間ごとに15分間です。ご予約があれば時間外でも見学が可能です。ただし、博物館開館時間内に限ります。
※ 団割はありません。
※ クーポン券のお扱いは出来ません。

[手裏剣打ち体験]
個人 大人200円、小人200円
※ クーポン券のお扱いは出来ません。

※ 忍者アクションショーは、忍者博物館にご入館のお客様が別途料金をご負担いただいてご覧いただけるものです。ショーだけというのはご覧いただけませんのでご了承ください
※ 忍者アクションショーは、雨天は中止の場合があります。
※ 忍者アクションショーは、やむなく休演する場合があります。団体の場合は事前ご予約、お問い合わせをお勧めします。

〒518-0873
三重県伊賀市上野丸之内117番地(上野公園内)
伊賀流忍者博物館
TEL:0595-23-0311 FAX:0595-23-0314


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。