名古屋線

全区間が平坦な伊勢・濃尾平野をはしる名古屋線は、近鉄では大阪線に次ぐ延長を誇る幹線路線。1915(大正4)年、一身田町(現 高田本山)〜白子間を伊勢鉄道が蒸気列車で開業して以来、複雑な歴史を経て現在に至っています。
昭和元年電化完成当時の伊勢電津新地駅

伊勢電の諏訪駅(現@四日市駅の前身)
伊勢鉄道は開業後、逐次路線を延長して1924(大正13)年4月までに津新町〜四日市間を全通。1926(大正15)年9月伊勢電気鉄道と社名を改め、同年(昭和元年)12月全線を電化。次いで1929(昭和4)年1月四日市〜桑名間を開通。翌年には津新地〜大神宮前間が開通して、桑名〜大神宮前間で特急が運転されました。その後経営危機に陥り、1936(昭和11)年参宮急行電鉄に合併されました。

桑名〜名古屋間は昭和11年創立された関西急行電鉄が当たり、関急線桑名〜名古屋間23.7キロを1938(昭和13)年6月26日開通。同時に参急線津〜江戸橋間1.1キロも開通し、江戸橋を標準軌と狭軌の接続駅として上本町〜名古屋間189.5キロが全通、同日から名阪を3時間で結ぶ日本一の長距離電車の運転を開始しました。
しかし、江戸橋接続は利用客や車両運用的にも不便が伴うため半年後の12月、中川〜江戸橋間を狭軌化、接続駅を中川に変更しました。なお、名古屋線の一部と山田線に並行していた伊勢電鉄は参急と合併後、参急伊勢線(江戸橋〜大神宮前)に改称。永らく一つの会社内で伊勢へ2ルート、という変則事態が続きましたが、1961(昭和36)年廃止。やっと1本化されました。
完成時の名古屋駅地下ホーム


江戸橋駅での標準軌・狭軌の接続


沿線のみどころ(最寄駅)

名古屋城・徳川美術館・熱田神宮・大須観音・東山公園・名古屋港水族館・名古屋ドーム(名古屋)、長島温泉・七里の渡し・九華公園(桑名)、万古焼の窯元群(阿倉川・川原町)、諏訪神社・市立博物館(四日市)、海山道稲荷(海山道)、鈴鹿サーキット(白子)、白子観音寺(鼓ヶ浦)、偕楽公園(津)、津城跡(津)、榊原温泉(久居)


思い出の車両 モニ6201形

1928(昭和3)年、伊勢電気鉄道が新造した半鋼製電車。当時の形式はデハニ210形と称し、車体は両運転台付で伊勢電気鉄道としては初の17メートル長、片側3扉で、運転室の後には荷物室を設けています。1929(昭和4)年には養老線へ直通運転を行い、1941(昭和16)年にモニ6201形に改称。1959(昭和34)年に標準軌化し、後に再改軌して伊賀線に移籍し、さらにモニ5201形に改称。1977(昭和52)年を最後に全車廃車しました。

名古屋城(なごやじょう)は、尾張国愛知郡名古屋にあった城郭。尾張徳川家17代の居城。金鯱城、金城ともいう。城址は、現在の愛知県名古屋市中区・北区の名城公園。

伊勢音頭にも「伊勢は津で持つ、津は伊勢で持つ、尾張名古屋は城で持つ」と歌われ、大坂城、熊本城とともに日本三名城に並び称される名城である。天守に取り付けられた金の鯱(金鯱(きんこ))は、城だけでなく名古屋の町の象徴にもなっている。城地は織田信長誕生の城とされる今川氏・織田氏の那古野城(なごやじょう)の故地で、この城はのちの名古屋城二の丸の位置にあったとされる。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。